DM送付先の最適化によって通信教育への入会率が130%向上

過去の施策データを活用
販促費の最適化
顧客獲得率UP

事例詳細

性別、発送回数、各媒体の資料請求履歴、購入回数、兄弟情報(人数、年齢差)、添削提出回数、クレーム回数、紹介/被紹介履歴、保護者世帯購入累計金額、保護者アクセス履歴、最新行動履歴などのデータを使い、DM送付によって通信教育に入会する確率を予測した。
入会確率の高い顧客から優先的にDM送付の対象とすることで、従来方法でのDM送付に比べ、入会率が約30%アップした。

経緯等

・新規顧客の獲得にDM送付による勧誘を行っていたが、送付結果の反応率がよくないので、過去の入会者の傾向を分析して効率よく施策を行いたかった。
・「性別」、「発送回数」、「各媒体の資料請求履歴」、「購入回数」、「兄弟情報(人数、年齢差)」、「添削提出回数」、「クレーム回数」、「紹介/被紹介履歴」、「保護者世帯購入累計金額」、「保護者アクセス履歴」、「最新行動履歴」など数十の要素を用いて入会しやすい人の傾向を学習した。

お問い合わせ・ご相談についてはこちらから

お問い合わせはこちら

03-5259-9004
受付時間 月~金 10:00~18:00 ※土日祝日、年末年始は除きます