論文・研究レポート・特許/出願詳細

有望顧客予測装置、有望顧客予測方法及び有望顧客予測プログラム

営業戦略的に意味のあるまとまりで顧客を分類し、有望な顧客を予測する。

技術研究

株式会社アイズファクトリー

 

営業戦略的に意味のあるまとまりで顧客を分類し、有望な顧客を予測する。

概要

営業戦略的に意味のあるまとまりで顧客を分類し、有望な顧客を予測する。顧客情報記憶手段には、公開された企業情報である顧客企業情報だけでなく、営業担当者が営業活動を通じて顧客との接点から個別に入手した営業活動情報を含む情報を格納し、有望顧客群抽出手段は、格納された情報に基づいて顧客をクラスターに分類し、正解顧客モデルに該当する顧客が多いクラスターを有望なクラスターとして抽出する。正解顧客モデルに近い度合いを数値化して顧客それぞれにスコアを付与し、クラスター毎にスコアの高い順に顧客を表示する。

関連キーワード

  • スコアリング
  • bodais



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004