ストリーミング解析とは

ストリーミング解析とは

ストリーミング解析とは、複数のデータソースから連続的に生成され続けるデータをリアルタイムに解析する解析手法を指します。
センサーやRFID、SNSなどから取得されるような、永続的に生成するデータをストリーミングデータといいます。
SNSの発達やIoTの発展によるセンサーの普及などに伴い、膨大なストリーミングデータが生成されるようになりました。
これらのデータの価値を落とさず活用し、迅速に意思決定を行うために用いられるのがストリーミング解析です。
ストリーミング解析ではリアルタイムに分析を行うため、新しいデータが入力されるごとに過去の結果を更新するオンライン学習の手法を取ります。 この解析手法のため、データ量の膨大さのために処理しきれないという問題が起こりません。
交通状況のモニタリングや不正アクセス検知、機械の故障予知などで用いられています。
これらの例ではデータの鮮度が重要視されるため、必ずしもデータを保管する必要がなく、使用したデータを迅速に破棄することができます。

ストリーミング解析のフロー

(1) センサーなどから継続的に出力されるデータを入力として受け取ります。
(2) (1)の入力を用いて過去の分析結果を更新します。
(3) 入力ごとに、(1)~(2)を繰り返します。

概念図

商品/デモ

作成中

関連情報

研究レポートISR011:センサーデータ解析



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004