取得できるデータは増大し、データ保有のためのコストも改善されてきた現在、これらのデータを有効に活用し、経営の意思決定や施策の最適化に活用する必要があります。

資料概要

取得できるデータは増大し、データ保有のためのコストも改善されてきた現在、これらのデータを有効に活用し、経営の意思決定や施策の最適化に活用する必要があります。
欠損の多いデータでも、データマイニングのアプローチにより、未取得の属性にどんな属性があてはまるかを予測できます。
これまで取得漏れや欠損が多いために活用できなかった情報資産を、欠損データを補完することで有効活用が可能になります。これにより、豊富な情報量を利用することができるようになるため、施策効果アップが期待できます。

本資料では、「欠損データの補完による、データ整備」についてご紹介いたします。

目次

1.概要
2.企業の情報資産活用における課題
3.欠損データの補完による、保有データからの価値創出
4.効果とメリット
5.まとめ・結論

法人情報

法人情報は、下記リンクをご参照ください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004