AIによる「欠損データの補完」で、情報資産を有効活用!



【資料概要】

取得できるデータは増大し、データ保有のためのコストも改善されてきた現在、これらのデータを有効に活用し、経営の意思決定や施策の最適化に活用する必要があります。


本資料では、「欠損データの保管による、データ整備」について
ご紹介いたします。

【目次】

  1. 企業の情報資産活用における課題
  2. 欠損データの補完による、保有データからの価値創出
  3. 分析の概要 
  4. 効果とメリット
  5. おわりに

資料ダウンロード




 

ご入力頂いたメールアドレス宛に受付完了メールをお送りしております。


※当社からメールが届かない場合は、お手数ですがmrk★isfactory.co.jpまでご連絡ください。

※上記のメールアドレスをクリックするとメーラーが立ち上がります。メールアドレスをコピーしてご利用の際は、「★」を「@」半角アットマークに変更してご利用ください。

※ご入力いただいた個人情報の取扱いについては、こちらからご確認ください。