SFA(営業支援システム)の運用が広く定着し、 既存顧客や見込顧客の営業活動に関連する情報 管理も進んでいます。

資料概要

SFA(営業支援システム)の運用が広く定着し、 既存顧客や見込顧客の営業活動に関連する情報 管理も進んでいます。
営業の「見える化」は進んでいるようにも見え ますが、果たして実際に営業活動の「効率」や 「成約率」は、以前に比べて改善されているのでしょうか。
本資料では、そのヒントとなる、データを活用 したアプローチについてご紹介いたします。

目次

1.概要
2.ターゲットは正しく把握できているか?
3.正しくターゲットを把握するためのデータ活用(BI・ペルソナ・AI)
4.bodais クラスタリング
5.おわりに

法人情報

法人情報は、下記リンクをご参照ください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004