必要な点検項目を抽出、保守作業の負荷を軽減

資料概要

保守点検作業は、高い頻度で継続的に行うことが望ましいものですが、膨大な点検対象があったり項目が多岐にわたっていると困難です。また、熟練者であれば経験から重点的に見るべき項目に見当がつきますが、経験の浅い担当者は全てを満遍なく点検するため、非効率な点検作業となってしまいます。 「故障する」確率を高める兆候を明らかにすることで、重要度の高い項目から優先的に点検できます。 作業が効率化し、保守要員の負荷が軽減するだけでなく、異常や兆候を早期に発見して補修することで、稼動効率を高め、メンテナンスコストを抑えることができるのは大きなメリットです。また、点検するべきポイントを可視化することができるので、スキルの平準化にもつながります。 本資料では、保守点検を効率化するためのデータ活用について紹介します。

目次

1.概要
2.保守点検業務の効率化を阻む「問題」
3.「必要な点検項目」を可視化
4.保守メンテ効率化
5.おわりに

法人情報

法人情報は、下記リンクをご参照ください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004