詳細

大規模データの解析手法

インターネット技術、センシング技術の発達などにより、日々膨大なデータが生成・蓄積され、ビッグデータと呼ばれ…

技術研究

株式会社アイズファクトリー

 

インターネット技術、センシング技術の発達などにより、日々膨大なデータが生成・蓄積され、ビッグデータと呼ばれている。

概要

インターネット技術、センシング技術の発達などにより、日々膨大なデータが生成・蓄積され、ビッグデータと呼ばれている。
このビッグデータを処理・分析する手法としては、どのようなものが存在するのであろうか。本稿では、大規模データの処理手法について、 基本的な手法であるサンプリングについて解説したのち、近年主流となっている分散処理について概説する。

関連キーワード

  • サンプリング
  • 分散処理



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004