忖度AI(登録商標第6282763号)とは、人間中心のAI社会原則に基づく「AIを制御するAI、人に優しいAI」を指します。

忖度AIとは

忖度AI(登録商標第6282763号)とは、人間中心のAI社会原則に基づく「AIを制御するAI、人に優しいAI」を指します。
内閣府検討事項の一つである「人間中心のAI社会原則」では「AIは、人間の労働の一部を代替するのみならず、高度な道具として人間を補助することにより、人間の能力や創造性を拡大することができる。」とされています。
忖度AIは、人間の学習時に「人間の能力や創造性を拡大する」ことを支援するために開発されたものです。
ゲームを例にとると、既存のリバーシAIでは、人間のレベル以上の実力を備えていますが、一般の人が楽しめる(創造性を刺激する)ゲームとして成立させるためには、リバーシAIの手を制御する必要があります。
予め人間のレベルを設定せずともリバーシAIを自動制御し、人間と互角の対戦を実現するのが忖度AIの特徴です。
この忖度AI技術は、ゲームのみならず英語学習など学習者の初期の実力診断や、学習指導時の問題の難易度設定などにも活用でき、学習者のレベルに合わせた出題や指導を行うことで、学習効率(学習曲線)の最適化(より早く、より賢く)を行うことが第2の特徴となります。

忖度AIエンジン

忖度AIで制御させたいAIが必要です。このAIは、選択肢の候補とその評価値を算出できる機能が備わっていることが前提となリます。リバーシでは、着手可能場所とその盤面評価値に相当します。
選択肢のうち、人間が選択した選択肢に対応する評価値をもとに、忖度AIがAIを制御し、人間に対して次の課題を提示します。リバーシの場合には、人間が着手した場所の盤面評価値をもとに、忖度AIがリバーシAIを制御し、適切なAI側の手を選択します。
人間は経験や直観により「最善」だと認識して選択肢を選びますが、忖度AIで制御させるAIは、この人間の選択肢の妥当性の評価を評価値により評価できるため、人間の実力の評価および人間と同レベルのAI側の選択が可能となります。
上記の人間の心理的思考をもとに、忖度するため、人間にやさしく、かつ人間の能力向上の効率的な施策を行うことが可能になります。

概念図1

忖度AIシリーズのゲーム版

概念図2

忖度AI リバーシのゲーム進行画面

商品/デモ

忖度AI リバーシをお試しください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004