グラフコメンテーターとは

グラフコメンテーターとは、入力された「項目名」と「値」からできるグラフに対して、あたかも分析者がコメントをしたような文章を、自動で作成する技術です。
例えば、アクセス解析やアンケート解析等のグラフに、コメント付与を自動で行うことができます。
「グラフはあるけれど、コメントがなくてわかりづらい。」
「コメントを手作業で打っていて時間がとてもかかってしまう。」
といった悩みを、グラフコメンテーターが解消してくれます。

コメント生成エンジン

一般的な自動コメントは、値の大小や順番を表示するのみでしたが、弊社のグラフコメンテーターは、独自のロジックにより、値の大小や差の大小を判定してコメントを作成しています。
数値の大きさは、億単位の値から小数点以下の値まで、対応可能なものとなっています。

ロジックによる判定は、もちろんチューニングも可能ですので、入力されるデータによって使い分けることも可能です。
また、値や単位、評価方法を選択することが可能(一部、自由記述も対応)なので、様々なデータに対応することができ、より汎用性の高いものとなっています。
棒グラフの他にも、円グラフや帯グラフ、順位表、そして時系列の変化も見られる折れ線グラフにも対応しています。

概念図

[1] 推移グラフの例


【出力コメント】
・出願件数が多いのは1年目で66件、少ないのは5年目で16件である。
・出願件数は、1年目から2年目、4年目から5年目にかけて大きく下降し、6年目から7年目にかけて大きく上昇する。
・全体としては変動が大きい。


[2] 構成帯グラフの例


【出力コメント】
・全体では、「防犯パトロール」が1位(33.1%)、「通学路において子どもの保護や誘導等を行う活動」が2位(23.2%)、「暗がりなど地域の危険な箇所を点検する活動」が3位(14.5%)となっている。
・「防犯パトロール」では20歳代が最も多く、45.2%となっている。また、30歳代が最も少なく、16.7%となっている。
・「通学路におい子どもの保護や誘導等を行う活動」では40歳代が最も多く、41.5%となっている。また、60歳代が最も少なく12.6%となっている。
・「暗がりなど地域の危険な箇所を点検する活動」では70歳代が最も多く(16.7%)、続いて60歳代(15.8%)となっている。また、20歳代が最も少なく、9.7%となっている。

商品/デモ

分析者がコメントをしたような文章を、自動で作成します!
項目名と値を入れて解析ボタンを押していただくと、グラフとグラフに対するコメントを自動的に出力します。 サンプルセットは、たくさん種類があります。「お楽しみセット」も幾つかありますので、是非探してみてください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004