大がかりな投資をしなくとも、データ活用をミニマムスタートさせ、PDCAを回していくことが、早期に経営効果を創出するためのポイントです。

資料概要

大がかりな投資をしなくとも、データ活用をミニマムスタートさせ、PDCAを回していくことが、早期に経営効果を創出するためのポイントです。
本資料では、そのヒントとなる、AIを活用したアプローチ(具体的な推進のポイント)についてご紹介いたします。

目次

1.企業における、データ活用の可能性
2.データ活用を阻む、「3つの壁」
3.データ活用をビジネス成果につなげるための、「3つのアクション」
4.おわりに
5.アイズファクトリーについて

法人情報

法人情報は、下記リンクをご参照ください。



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004