IDF

技術研究

【英語】 IDF: Inverse Document Frequency

【読み】 アイディーエフ

用語解説

逆文書頻度。 Inverse Document Frequency の頭文字による略称。対象の単語が出現する記事が珍しいときに大きな値をとる指標。対象の単語が存在する文書の、全文書に対する比率の逆数値の対数をとったものとして定義される。対数の底は任意でよいため、2などを用いる。このような定義で定めた値の最小値は0となるが、そのために便宜上この定義に1を足した値を使用することもある。

関連キーワード

関連事例


運営会社へのお問い合わせは、下記ボタンよりお問い合わせください。

運営会社へのお問い合わせはこちら(総合受付) 

bodais

bodais

DX総合支援サイト

運営会社