空調制御システムで自動的に快適な環境を提供するために必要なデータを特定

人が快適に感じる要素を明らかに
快適さへの影響が少ない要素を把握
コストをかける必要のない要因が明らかに

事例詳細

以下のようなデータを用いて、人が快適と感じる要因を明らかにした。
・個人属性
・環境要因(温度、湿度、風速、それらの履歴)
・気象要因(外気温、降水量、日照時間、など)
・アンケート
快適な環境と感じる確率を高めるために取得する必要があるデータ、快適な環境と感じる確率にはあまり影響を与えていないためコストをかけてまで取得する必要のないデータ、を把握することができた。

経緯等

・データ収集にコストをかけたくない
・適切なコスト配分をしたい
・空調設備の研究に関して、的確に要因に対しての適切な解決策を図りたい

お問い合わせ・ご相談についてはこちらから

お問い合わせはこちら

03-5259-9004
受付時間 月~金 10:00~18:00 ※土日祝日、年末年始は除きます