共有  

物事の間に、どの程度、どのように因果があるかのモデルを構築します

 

物事の間に、どの程度、どのように因果があるかのモデルを構築します

貴社の匠・プロ・担当者が感覚的に持っている因果関係が提供化できる
各要素の影響力を定量化・可視化することによって、着目すべき観点を知ることができる
因果の要素にデータを入力すると、予測したい値を予測することができるので、定量的に議論できる

使って欲しいお客様、利用後の目指す姿

【このような課題を持つお客様におすすめです】

・想定している因果関係がデータで表現できるかわからない
・複数の媒体に広告を出稿しているが、各媒体からどのようにして売上に関係しているかわからない
・製品の品質、不良非品率に、機器や人員の活動がどのように影響しているかわからない
・天気、湿度、温度、がどのように影響して、より良い商品が出来ているかわからない

【利用後の目指す姿】

・相関関係だけではなく、因果関係が明らかになるので、より関係が明確にとらえられる
・モデル作成時に、因果をまとめる要素を決めるので、定性的にも物事をとらえられる
・各要素の状態を入力することで、目的となる値が決められるので、判断が明確になる

サービス概要

 使う解析は、共分散構造分析(SEM)です。その解析を用いて因果関係をモデリングします。
 観測不能な因子(潜在因子)をモデルに取り込むことで、担当者の肌感に合うような因果関係を導き出すことができます。属人性を排除し、かつ定量的に、マーケティング施策や製造工程の改善を実施可能です。

【進め方】
1.ゴールの設定、ヒアリング
・何のために、どの課題を解決するためのモデルか
・どのような物事に対してか、どの要素を使うかを決める
・自社行動としての施策は何があるか

2.α版としてのモデル構築
・1次的にヒアリングさせて頂いた内容で、モデルを構築します
・タタキのモデルを使い、お客様とデスカッションを行い、修正点をあぶりだします

3.最終モデル
・何度かやり取りを行い、最終モデルを確定させます
・その際に、使い方や読み解き方も含め、最終モデルの説明も行います。

【必要なデータ】
・物事のデータ (マーケティングの場合、製造の場合等でいろいろあり得ます)
※ 具体的なデータ項目は、下記の事例にある情報を参考にお願いします。

【提供物】
・モデル一式、作成物一式、必要に応じて利用のための社内教育

【図の説明】
・左上の四角
 多数の変数Xから変数Yを予想したいが、どうなっているのか分からない
・右の四角
 このサービスによって、Yへの影響が数値で表せる
 その際に、中間因子F1とF2が出てくる。いくつが良いかは、モデルの当てはまり度から数学的に決まる
 XのYへの影響は、中間位因子を介するものと直接的なもの(X7)がある
 中間因子を通しての変数、例えば、X3はF1に対してマイナスで効いている。つまり大きくなれば大きくなるほどF1にとっては少なくなる方向で影響する
 このモデルにある通り、F1とF2に名称を付けると定性的にも物事の理解がしやすい
・左下の四角
 X1からX7の数値を入力すると、Yの値が予測できる。その値を、自社の行動を決める際に活用する

独自の価値提供

 AI専業会社20年の実績の中で、お客様の見落としやすい観点の知見があります。過去様斬な業界での構築事例がありますので、施策という観点でも経験があります。
 使い方の説明も何度も行っていますので、運用できる状態でモデルをお渡しできると確信しています。

 また必要であれば、システム構築やその後の運用も対応できます。

事例

例 製造ライン品質管理

・中間因子は分かり易いように、”機械検査””担当者レベル”と名付けました。

・物理因子(機械検査)、人的因子(担当者レベル)を通じて「製品品質」へどのように影響するかを把握できます。

・”製品品質”には、”機械検査”の方が影響が大きい事が分かります。

事例

例 マーケティング施策(広告や販促)の測定

・中間因子は分かり易いように、”商品知名度””購入意向”と名付けました。
・”DM”は両方の因子に影響を与えています

物理因子(商品知名度)、人的因子(購入意向)を「売上」へどのように影響するかを把握できます。

・”売上”には、”GW”(ゴールデンウイーク)の影響も一定以上あることがわかります。

デモのEXCEL

本画面右上の「矢印のアイコン」からデモ用のExcelをダウンロード可能です。

【使い方】
・EXCELをダウンロードして下さい。
・「レストランの売上モデル」です。
・入力できる部分は、指に指されている「入力」という項目の「黄色い背景」の数字だけです。

・例えば、”広告宣伝費”を20.0を1.5倍の「30.0」にして下さい。
 元の売上69.7が、71.5に増えることが分かります。増えることが期待される効果と、広告宣伝費を1.5倍にするコストとを比較して、行動を考えることになります。

費用・期間

料金の目安:500万円~
期間の目安:データ受領後3ヵ月~

ユーザー法人への特典

取引初回の企業様に限り

値引き、20万円

関連キーワード

関連情報

関連サービス

同一企業提供サービス

bodaisプラットフォーム   
スコアリングエンジン   

このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004