bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

bodais及びbodais関連サービス マスターサブスクリプション規約

本規約は、お客様によるbodais及びbodais関連サービスの取得及び利用に適用されます。お客様が、bodais及びbodais関連サービスの無料トライアルに登録される場合には、本規約は、その無料トライアルにも適用されます。

お客様が、本規約を参照する本利用申込書に記名捺印し、当社に提出すること、又は当社が運営するWebサイトでの申込みによって本規約を承諾した場合、お客様は、本規約の条件に同意したことになります。お客様が、会社その他の法人を代表して本契約を締結している場合には、お客様は、以下の条件に関して当該法人又はその関係会社を、本契約の条件により拘束する権限を有することを表明したことになります。その場合には、「お客様」という用語は、当該法人又はその関係会社を意味するものとします。お客様がそのような権限を有しない場合、又は本契約の条件に同意されない場合には、申込みをしてはならず、本サービスにアクセスすることはできません。

本契約は、お客様が本契約を承諾した日付でお客様と当社間において有効となります。

当社は、事前の通知をすることなく、本規約を変更することができます。本規約が変更された場合、当社は当社が運営するWebサイトに変更後の規約を公表するものとし、お客様は変更後の規約に同意したものとみなされます。

当社以外の企業もしくは個人が開発した特定のbodaisアプリケーションのご利用はbodaisアプリケーション利用規約及びそれぞれのbodaisアプリケーション個別の利用規約をご覧ください。
bodaisのご利用に関するデータの扱いに関してはデータの利用に関する規約をご覧ください。
bodaisアプリケーション利用規約及びそれぞれのbodaisアプリケーション個別の利用規約、データの利用に関する規約は本規約の一部を構成しており、それらすべてを含めたものが利用規約となりますそれぞれの規約を熟読の上、遵守頂くようお願い致します。

第1条(定義)

  1. 「本規約」とは、「bodais及びbodais関連サービス マスターサブスクリプション規約」「アプリケーション規約」「データ利用に関する規約」を指します。
  2. 「本契約」とは、お客様が本規約を承諾し、申込みを行なうことにより成立した本サービスに関する契約をいいます。
  3. 「bodais」とは、株式会社アイズファクトリーが、インターネット上にて運営するサービス、Webサイト、そのシステム、及びbodaisに関連して提供される機能、付帯サービス、ソフトウェアをいいます。 bodaisは当社の登録商標です。
  4. 「bodaisプラットフォーム」とは、当社が本サービスを提供するために用意したサーバもしくは物理的機器、インターネット通信を行う機能、データ、本サービスを実現するためのソフトウェア等をいいます。
  5. 「bodaisアプリケーション」とはbodaisプラットフォーム上で動作するソフトウェアのことをいいます。
  6. 「本サービス」とは、当社がインターネット上で提供するbodaisサービスの全部又は一部、本ドキュメンテーションに記載されるものを意味します。
  7. 「ベータ版サービス」とは、お客様が自己の裁量で追加料金なしに試用できるように、お客様に対して提供される場合がある当社のサービス又は機能で、ベータ版、Labo、パイロット版、限定リリース、開発者向けプレビュー版、非製品版、評価版又は類似した記述によって明確にその旨が指定されるものを意味します。
  8. 「本コンテンツ」とは、当社がコンテンツのライセンサー又は公開されている情報源から取得して、本利用申込書に従ってお客様に提供する情報で、より詳細には本ドキュメンテーションに記述されるものを意味します。
  9. 「本ドキュメンテーション」とは、当社のインターネット上のユーザーガイド、ドキュメンテーション、ヘルプ&トレーニングの記載内容で、随時更新され、本サービスにログインすることによってアクセス可能なものを意味します。
  10. 「本顧客データ」とは、お客様によって、又はお客様のために本サービスに保存される電子的なデータ及び情報を意味します。本顧客データには、本コンテンツ及び非アイズファクトリーアプリケーションは含まれません。
  11. 「非アイズファクトリーアプリケーション」とは、お客様又はサードパーティが提供するウェブベース、モバイル、オフライン、又はその他のアプリケーションソフトウェアの機能で、本サービスと相互運用するものを意味します。
  12. 「本利用申込書」とは、本契約に基づき提供される本サービスを特定する、利用申込を行うための書類で、お客様と当社との間で、随時契約として締結されるものを意味し、その添付書類及び追加契約等が含まれます。
  13. 「サブスクリプション」とは、お客様が一定期間、本サービス又は本コンテンツを利用する権利で、当社がお客様との間で随時締結される本利用申込書に特定されるものを意味します。
  14. 「お客様」とは、申込者が会社又はその他法人のために本契約を承諾している場合における、その会社又はその他法人、及びその会社又は法人の関係会社を意味します。
  15. 「本ユーザ」とは、お客様が本サービスを利用することを承認した個人であり、その者のために本顧客が本サービスのサブスクリプションを購入した者(又は、当社が無料で提供する本サービスの場合には、その者のために本サービスがプロビジョニングされた者)、及び、お客様(又は、該当する場合には、お客様の要請に従って当社)がお客様ID 及びパスワード(認証を使用する本サービスの場合)を付与した者を意味します。本ユーザには、例えば、お客様の従業者、コンサルタント、受託者及び代理人、並びにお客様が取引を行う第三者が含まれる場合があります。
  16. 「基準日」とは、本サービスの料金の起算日を意味します。

第2条(本サービスの使用及びコンテンツの利用)

  1. お客様は、自己使用の目的でのみ本サービスを使用することができるものとし、当社の書面による事前承諾なし に、本契約上の本サービスに関する使用権を第三者(お客様の親会社、及び関係会社を含む。以下同じ)に再許諾もしくは譲渡、又は第三者に譲渡、転貸もしくは占有の移転をしてはいけません。
  2. お客様は、いかなる目的においても、当社の書面による事前の承諾なしに、本サービスの全部又は一部を変更、 改変又は複製してはいけません。また、第三者にも当該行為をさせてはいけません。
  3. お客様は、いかなる目的においても、本サービスの全部又は一部について、他のプログラム等との結合、又は逆アセンブル及び逆コンパイル等の行為を行ってはいけません。また、お客様は第三者にも当該行為をさせてはいけません。
  4. ID ならびにパスワードの管理は、お客様の責任において行っていただきます。IDならびにパスワードを利用して行われた行為の責任は当該IDを保有しているお客様の責任とみなしますのでご注意ください。万一、許可なくお客様のID が利用された場合、又はIDならびにパスワードが第三者に漏洩してしまった場合には、ただちに当社にご連絡ください。また、サービスのご利用を一時的に終了される際には、その都度ログアウトをしてください。 当社はIDならびにパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については補償しません。

第3条(有料サービスの料金及び支払い)

  1. お客様は、本利用申込書に定める全ての料金を支払うものとします。
  2. 本規約又は本利用申込書に別段の定めがない限り、料金の支払いについては以下を条件とします。
    1. 料金は、本サービス及び本コンテンツのサブスクリプションの購入に基づくものであり、実際の利用に基づくものではありません。
    2. 支払義務は取消不能であり、支払済の料金は返金不能です。
    3. 購入した数量を該当するサブスクリプションの契約期間中に削減することはできません。
  3. お客様は、自己の購入は、いかなる将来の機能の提供も条件とするものではなく、また当社が行った、いかなる将来の機能に関する口頭又は書面の対外的なコメントにも依存するものではないことに同意するものとします。

第4条(ベータ版サービス)

  1. 当社は、随時、お客様にベータ版サービスを無償で提供する場合があります。
  2. お客様は、当該ベータ版サービスを試用するかどうかを、自己の単独の裁量で選択することができます。
  3. ベータ版サービスは、評価目的で提供されるものであり、本番環境での使用を意図したものではありません。また、ベータ版サービスはサポートの対象ではありません。
  4. ベータ版サービスは本規約に基づく「本サービス」とはみなされませんが、本サービス及び本コンテンツの使用に関する全ての制限事項、当社による権利の留保及び当社の責任の限定に関する本規約の条項は、お客様によるベータ版サービスの利用にも同様に適用されるものとします。
  5. 当社は、ベータ版サービスの提供を、いつでも自己の単独の裁量で中止することができ、また一般に提供しないものとすることができます。
  6. 当社は、ベータ版サービスに起因又は関連するいかなる損失又は損害の責任も負わないものとします。

第5条(契約の期間及び解約)

  1. bodaisプラットフォームの契約期間は申込み翌月の1日を基準日として1年間(基準日から12か月目の月末日まで)とします。bodaisアプリケーションは個別のアプリケーションによって異なりますので、本利用申込書をご参照ください。
  2. 本契約の有効期間は本利用申込書に明記されたサービス契約期間とし、有効期間内のお客様都合による一方的解約は、これを認めません。
  3. 本契約は、期間満了月の前月末日前までに書面による解約を希望する旨の通知がない限り、自動的に継続することとします。
  4. お客様が各号の一に該当する場合、当社はお客様に対して何らかの通知、催告を要せず直ちに本契約を解除する ことができることとします。
    1. 本契約上の義務を履行せず、その他本契約に違反した場合で、当社が相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、これを是正しなかった場合
    2. 差押、仮差押、仮処分、公売処分その他公権力の処分を受け、又は民事再生手続開始、会社更生手続開始、 特定調停、もしくは破産その他倒産手続開始の申し立てがなされた場合
    3. 手形交換所の取引停止処分、又は公租公課の滞納処分を受けた場合
    4. 資産、信用状態が悪化し又はそのおそれがあると認められる相当の事由がある場合
  5. 前項により本契約が解除された場合、お客様は期限の利益を失い、当社に対する一切の債務を直ちに履行することとします。
  6. お客様は既に支払った一切の料金は、返還を求めることはできないものとします。
  7. 本契約終了後といえども第7条から第9条は、有効に存続することとします。

第6条(財産権及びライセンス)

  1. 本規約に基づき明示的に許諾された限定的な権利を条件として、当社は、本サービス及び本コンテンツに関する全ての権利(当社の全ての関連する知的財産権を含みます)を留保します。本規約に明示的に規定されている以外のいかなる権利も、本契約に基づいてお客様に許諾されるものではありません。
  2. 当社は、該当する本利用申込書、本規約及び本ドキュメンテーションの条件に従って、該当する本コンテンツのアクセス及び利用をすることができる権利を有します。
  3. お客様は、当社、その関係会社及び該当する受託者に対して、本顧客データ、非アイズファクトリーアプリケーション及び本サービスを利用してお客様が作成したもしくはかかるお客様のために作成された、又はお客様が本サービスと共に利用するために作成したプログラムコードを、当社が本規約に従って本サービスを提供するために必要な場合に、ホスティング、複製、送信及び表示できる全世界的な、本契約の有効期間限定のライセンスを許諾します。本項で許諾される限定的なライセンスを条件として、当社は、本契約に基づき、お客様又はそのライセンサーから、本顧客データ、非アイズファクトリーアプリケーション又は当該プログラムコードに関するいかなる権利も取得しません。
  4. お客様は、当社及びその関係会社に、お客様又は本ユーザが、当社又はその関係会社のサービスの運用に関して提供する全ての提案、改善の要請、提言、修正又はその他のフィードバックを、当社及びその関係会社が利用し、それらのサービスに組み込むことができる、全世界的、永続的、取消不能、無償のライセンスを許諾します。

第7条(秘密保持)

  1. 「秘密情報」とは、一方当事者(以下「開示者」といいます)が他方当事者(以下「受領者」といいます)に、口頭又は書面で開示する全ての情報であって、秘密であると指定されたもの、又は情報の性質及び開示の状況から合理的に秘密であると理解されるものを意味します。お客様の秘密情報には本顧客データが含まれ、当社の秘密情報には、本サービス及び本コンテンツが含まれます。また各当事者の秘密情報には、本契約及び全ての本利用申込書の条件(料金に関する情報が含まれます)、並びに当該当事者が開示する、事業・マーケティング計画、テクノロジ・技術情報、製品の計画・設計、ビジネスプロセスが含まれます。但し、秘密情報には、以下の情報は含まれません。
    1. 開示者に対する義務違反なく、公知であるか又は公知となった情報
    2. 開示者に対する義務違反なく、開示者による情報開示前に受領者が知得していた情報
    3. 開示者に対する義務違反なく、受領者が第三者から受領する情報
    4. 受領者が独自に開発した情報
  2. 受領者は、善良な管理者の注意をもって以下の対応を行うものとします。
    1. 開示者の秘密情報を、本契約の範囲外の目的のために利用しません。
    2. 開示者が書面で別段の承認をした場合を除き、開示者の秘密情報へのアクセスを、本契約に合致した目的のためにアクセスする必要がある自己及び自己の関係会社の従業者及び受託者に限定し、それらの者に、秘密情報の保護について本条に定めるものを実質的に下回らない保護について定める、受領者との秘密保持契約に同意させるものとします。
  3. 受領者は、法令により強制される場合には、開示者の秘密情報を開示することができます。

第8条(禁止事項)

  1. 当社はbodaisの利用に際して、お客様に対して次の各号の行為を行うことを禁止します。お客様が、禁止された行為を行ったことにより当社が損害を受けた場合には、当社はお客様に対して損害賠償を求めることができます。また、お客様が禁止された行為を行うことによって利益を受けた場合、当社がその行為を差止する権利、ならびに当該行為によってお客様が得た利益相当額を 当社が請求することができる権利を有することに、お客様はあらかじめ承諾するものとします。
    1. 当社に事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、サービスもしくはソフトウェア又はそれらに包含される内容(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用すること
    2. ID及びパスワードを、お客様以外の第三者に貸与、譲渡すること、又は第三者と共用すること
    3. bodaisのサーバ、システムに対して、故意か否かに関わらず、有害なコンピュータプログラム、メールなどを送信又は書き込む、又は、bodaisによってお客様に提供されているインターフェース以外の手段を用いてサービスに不正なアクセスをすること
    4. bodais及び関連して使用されているすべてのソフトウエアプログラムの複写、修正、改変、二次利用、リバースエンジニアリング、逆アセンブルなどの方法でのソースコード解読、譲渡、再実施許諾などを行うこと
    5. お客様が使用する権利のないデータや情報、知的財産権をもつ第三者の許諾を得ていないデータや情報をbodaisに投入し、解析結果を利用すること。
    6. 当社又は第三者の著作権その他知的財産権又は名誉、信用、プライバシー等の人的利益を侵害する行為
    7. 犯罪行為もしくは犯罪行為を助長する行為、又はそのおそれがある行為
    8. コンピュータウィルス等の他人の業務を妨害もしくはそのおそれがあるコンピュータプログラムを本サービスに利用して使用したり、第三者に提供したりする行為又はそのおそれがある行為
    9. その他、他人の利益を侵害し、公序良俗に反する行為
    10. その他本サービスの提供において不適当であると判断される行為

第9条(無保証及び免責事項)

  1. 当社は、以下の事項については一切保証しておりません。
    1. bodaisがお客様の希望、要望、期待を満たすこと
    2. bodaisの提供に不具合やエラーや、お客様が投入したデータの消失や毀損、及び障害全般が生じないこと
    3. bodaisから得られる情報等が正確なものであること
    4. bodaisを通じて入手できる商品、役務、情報などがお客様の期待を満たすものであること
    5. bodaisから提供されるシステム、データにコンピュータウィルスなど有害なプログラムやデータが含まれていないこと
    6. 提供されるソフトウェアの不具合やバグが修正されること
  2. bodaisを利用してダウンロード等の方法で入手するすべてのものは、ダウンロード等を行うことを含めてお客様ご自身の責任で行っていただきます。これらの行為の結果生じる損害についてはお客様がすべて責任を負います。

第10条(当社に対する補償)

  1. お客様による本サービスの利用及び接続に伴い、お客様のサービスへの接続、お客様の本契約違反もしくはお客様の責に帰すべき事由により第三者の権利を侵害した場合に起因、又はお客様の責に帰すべき事由により第三者から生じたすべてのクレームや請求については、当該お客様の費用と責任で解決するものとします。また、当該クレームや請求への対応に関連して当社に費用が発生した場合又は賠償金等の支払いを行った場合については、当該お客様は当該費用及び賠償金等(当社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

第11条(責任の限定)

  1. 当社は、商品性、特定目的への適合性、権限、権利の非侵害を含め、明示的もしくは黙示的な保証を行わず、現状有姿にて提供することとします。
  2. 何れの当事者も、相手方に対して、逸失利益損害については、相手方の請求が本契約によるか不法行為によるかを問わず、一切の責任を負わないものとします。上記の免責は、法令によって禁じられている場合には、適用されないものとします。
  3. 前項の定めにもかかわらず、本契約に関し、万一、当社がお客様の損害を賠償する事態が生じた場合、当社の故意または重過失がある場合を除き、債務不履行、不当利得、不法行為その他請求原因の如何によらず、その賠償額は当該損害が発生した年度におけるライセンス料(年額)を限度とするものとします。

第12条(本サービスの停止)

  1. 当社は、次の場合は、適切に本サービスを提供するため、本サービスの提供を一時的に中止することがあります。
    1. 当社による保守、工事などやむを得ないとき
    2. 電力、電気通信工事者による電気通信サービス提供の中止、又はその他不可抗力に基づく場合などやむを得ない事由によるとき
  2. 当社は、前項により本サービスの提供を中止する場合には、事前にお客様に通知するよう合理的な努力を行います。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第13条(国際的利用)

  1. お客様は、Webサービスは国境を越えて利用されるものであることを十分理解のうえ、bodaisを利用の際には、利用される国、地域における法令や規制を遵守しなければなりません。
  2. 特に、居住されている国から技術的な情報をbodaisに向けて、又はbodaisから受信したデータを利用又は他の国に向けて送信される場合には、お客様は、技術輸出に関する諸法令を遵守することに同意するものとします。
  3. お客様の行為が、利用される国、地域における法令や規制に抵触する場合においても、当社はその違反に対して一切の責任を負わないものとします。

第14条(通知の方法)

  1. 本規約に別段の定めがない限り、本契約に関する全ての通知、許可、承認は書面によるものとし、以下の時点で到達したものとしてみなされるものとします。
    1. 個人に交付されたとき
    2. 郵送後2営業日目
    3. 電子メールによる送信後1営業日目。 但し、電子メールは、解約又は相手方の補償を請求する通知(以下「法的通知」いう)としては十分ではないものとします。お客様への請求関連の通知は、該当する請求担当者宛に送付されるものとします。お客様に対するその他の通知は、お客様が指定する、本サービスの担当者宛に送付されるものとします。

第15条(反社会的勢力の排除)

  1. 当社及びお客様は、相手方に対し、本発効日及び本契約の有効期間中において次の各号の事項を表明します。
    1. 自己、自己の役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずるものをいいます)、その経営を実質的に支配する者又は従業員(以下、総称して「自己又は役員等」といいます)が暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、テロリスト、テロ組織もしくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下、総称して「反社会的勢力」といいます)ではなく、また過去 5年間において反社会的勢力ではなかったこと
    2. 自己又は役員等が反社会的勢力と社会的に非難される関係を持たないこと
    3. 自己又は役員等が、反社会的勢力に対して資金を提供し、又は便宜を供与する関係を持たないこと
    4. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約を締結するものでないこと
    5. 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し次の行為をしないこと
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
  2. 当社及びお客様は、相手方が前各項の確約に反し、又は反していると合理的に疑われる場合、催告その他何らの手続きを要することなく、直ちに相手方との取引の全部又は一部を停止し、又は相手方との契約の全部又は一部を解約することができるものとします。なお、当社及びお客様は、本項に基づく取引の停止又は契約の解約に起因し又は関連して相手方に損害等が生じた場合であっても、何ら責任を負うものではないことを確認します。
  3. 当社及びお客様は、自己(自己の役員等を含む。)が第1項の確約に反したことにより相手方が損害を被った場合、相手方に生じたその損害を賠償する義務を負うことを確約します。

第16条(不可抗力)

  1. 本規約に定められた当社のお客様に対する履行義務が以下の事由によりその一部又は全部が遅延し、若しくは不可能となった場合には、当社はその責任を負わないこととします。ただし、当社は、当該原因が除去されたときは、速やかに本サービスの履行を再開することとします。なお、当該原因により、本サービスの履行が不可能と当社が判断した場合には、当社は、本契約を即時解除できることとします。
    1. 天災地変、戦争、暴動、内乱、重大な疫病、法令の改廃、公権力による命令処分等が発生したとき
    2. その他当社の、吸収合併、売却、事業の停止、及びサービス停止等の事象、不可抗力により当社の責に帰すことができない事態が発生したとき

第17条(裁判管轄)

  1. 本契約の準拠法は日本法とします。本契約の履行に関して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条(協議事項)

  1. 本規約に定めのない事項その他本契約に関して生じた疑義については、お客様と当社両者が誠意をもって協議のうえ解決することとします。

以上