bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

マーケティング・ミックス・モデル分析(m-Quad)

MMM(m-Quad) / Partner services
「m-Quad(エム・クアッド)」は、アイズファクトリーと株式会社博報堂DYホールディングス/ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズが共同開発したソリューションです。

プレスリリース

m-Quadでできること

どの広告、どのマーケティング施策が、どれだけ効果があるのかを明らかにします。

m-Quad logo

費用対効果の試算:各マーケティング施策の費用対効果を試算できます
シミュレーション:過去の実績に基づいた将来予測ができます
最適予算配分案の導出:理論上の最適なマーケティング投資配分案が算出できます

Marketing Mix Modeling(MMM)というアプローチ

各種広告活動や店頭販促活動、あるいは季節性や価格などのビジネス環境変動が、ブランドの販売に対してどの程度のインパクトを及ぼしていたのかを包括的に数値化、可視化する分析です。 「各要因を表現する時系列データ」と「要因間の関係を表現するモデル式」を両輪として、各要因がブランドの販売に及ぼす影響度合いを導出します。

費用対効果の資産・シミュレーション・最適予算配分案の導出

m-Quadの強み

マーケターフレンドリ:対話形式でモデリングするため、マーケターの知見・経験を汲み取ったモデルが構築できます 構造把握:各マーケティングドライバが、どのように売上に寄与するのかを構造的に把握できます 動的パラメータ:日々変わる前提条件を、シミュレーションに導入することが可能です

分析の流れ

アウトプット例

フェーズ2

時系列データによる共分散構造分析(パス解析)です。 集約した各種時系列データをもとに、施策・反響・売上の関係性を構造図で把握します。 仮説をもとに、いくつかの構造パターンを試します。

フェーズ3

ベイズアプローチによる時系列解析です。 モデル推定値と実績値を比較します。 過去を十分説明し、未来の予測に耐えうるフィットとなっているか確認します。 モデルと実績のギャップはどこにあるか、何が起きていたのかを把握します(新たな示唆の可能性)。

ベイズアプローチによる時系列解析です。 効果分解の推移を可視化します。 メディア別での広告効果、環境変動の影響、広告残存効果、施策別での店頭販促効果、競合活動(マス広告など)の影響などを把握できます。

お問い合わせ

より詳細な情報をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ