bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

マーケティング × データ活用

広告の費用対効果に関する、データ解析ソリューションをご紹介。各種広告活動の効果を包括的に数値化・可視化し、広告予算の最適配分を行います。

課題1広告の費用対効果

解決方法

各種広告活動や店舗販売活動、あるいは季節性や価格などの環境変動が、ブランドの販売に対してどの程度のインパクトを及ぼしたかを包括的に数値化し、可視化します。
「各要因を表現する時系列データ」と「要因間の関係を表現するモデル式」を両輪として、各要因がブランドの販売に及ぼす影響度合いを導出します。
この解析は、Marketing Mix Modelingを使用しており、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ様、株式会社アイズファクトリーよりm-Quad®サービスとして提供させて頂いています。

データ解析による効果

広告出稿の最適化モデルを構築でき、費用対効果算出で、広告予算の最適配分ができます。
さらに、配分の優先順位まで予測することができます。

マーケティング・ミックス・モデル分析ロゴ

MMM(m-Quad) / Partner services
「m-Quad(エム・クアッド)」は、 アイズファクトリーと株式会社博報堂DYホールディングス/ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズが 共同開発したソリューションです。