bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

製 造 × データ活用

「 障害予測」「需要予測」など、製 造業界におけるデータ解析ソリューションをご紹介

課題1 障害予測

解決方法

製造活動を行っている機器・設備やシステムの製造年月日や稼働頻度、製造製品の品目、メンテナンス履歴や、故障履歴等のデータを用いて、故障する確率を機械ごとに予測します。

データ解析による効果

故障確率や、故障の確率を高めている要因が明らかになるので、定期点検の適正化を図り故障を未然に防ぐことが可能です。
製造にかかわる機器・設備やシステムの故障は、製品や会社のブランド毀損にも発展します。故障を未然に防ぐことで、不良品や異物混入などの防止だけではなく、修理のための製造停止による信用失墜も防止することができます。


課題2 需要予測

解決方法

これまでの業務実績から、製造量が多かった日の曜日や時間帯、天気、気温、製品に関するイベントの有無や広告の出稿量などのデータを利用して、一定以上の量の製造が必要になる確率を予測します。また、過去の製造数を一定のレンジにわけ、その日の必要製造量がどの程度のレンジになるかを予測することも可能です。

データ解析による効果

これまでの業務実績から、製造量が多かった日の曜日や時間帯、天気、気温、製品に関するイベントの有無や広告の出稿量などのデータを利用して、一定以上の量の製造が必要になる確率を予測します。また、過去の製造数を一定のレンジにわけ、その日の必要製造量がどの程度のレンジになるかを予測することも可能です。