bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

経営・経営企画 × データ活用

「AI活用による最適な意思決定」「新規事業企画」など「経営・経営企画」に関わるデータ活用をご紹介

課題1AI活用による最適な意思決定

解決方法

分析の自動化で業務のPDCAを高速化

データ解析による効果

“今ある「企業内データ」” で ”データサイエンティストがいなくても”、経営を改善し業務効率を上げる事が可能に

課題2新規事業企画

解決方法

自社のCRM情報と他社のCRM情報をマッチングし、新たな潜在顧客を見つけます。
当社の技術を用いれば、双方が顧客の個人情報を開示することなく、データの活用を行う事が出来ます。
(国際特許出願中)

データ解析による効果

業態の異なる企業間でアライアンスを構築し、新たな潜在顧客を発掘できます。

課題3BIからAIへ

解決方法

BI(ビジネスインテリジェンス)とAI(人工知能、アナリティクス)という ふたつのデータ活用方法を目的に応じて使い分けます。

データ解析による効果

過去のレポートだけではわからなかった、未来の意思決定をサポート


課題4BIツールによる意思決定を、AIでサポート

解決方法

インパクトの大きい「見るべき指標」を、AIが自動で抽出

データ解析による効果

「見るべき指標」の最適化で、スピーディーな意思決定が可能に!


課題5リアルタイム経営(迅速な事業判断)

解決方法

解析する目的を明確に設定。その上で、社内に蓄積されたデータを基に組織横断で解析します。
まずは、組織別にモデルを構築し解析を行います。其の上で、企業モデルを構築して解析を行います。
しかし、社内のデータだけを分析対象にしても“過去”から抜け出すことができません。適切な外部データも使いながら、解析を行う事で正しい判断を行う事が可能になります。

データ解析による効果

各部署の関係性を データで理解でき、問題点を可視化する仕組みが構築でき、リアルタイム経営を実現します。
また、常に幅広い視点からデータを活用することで、競争優位性を保つことができます


課題6事業予測

解決方法

単に、BIツールを使っても“過去”を知ることしかできません。データマイニングを行い、事業別のデータモデルを構築し近未来を統計的に予測します。

データ解析による効果

常に先手を打てる施策を立案・実施できます。