report image

ロジスティック回帰分析

ロジスティック回帰分析は、結果が 2 値の場合に、その結果の起きる確率を予測できる統計的回帰モデルである。例えば…

技術研究

株式会社アイズファクトリー

 

ロジスティック回帰分析は、結果が 2 値の場合に、その結果の起きる確率を予測できる統計的回帰モデルである。例えば…

概要

ロジスティック回帰分析は、結果が 2 値の場合に、その結果の起きる確率を予測できる統計的回帰モデルである。例えばダイレクトメールの反応では、結果が反応の有無という 2 値で測られる。サンプル(DM 配送先)には、反応の有無の他に、例えば性別、年齢、収入等の属性情報があるとする。過去実績データにて反応の有無を属性情報で回帰することにより、各サンプルの反応確率を予測するモデルを作成する。このモデルによって、反応の有無が未知である新規データの各サンプルに対して反応確率を予測することができる。
本レポートでは、ロジスティック回帰分析についての基本的な解説と、実際の使用上での留意点について紹介する。概要

関連キーワード

  • スコアリング
  • DM送付
  • ロジスティク回帰



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004