DWH構築

データを定常的に収集・整形・蓄積するDWH(データウェアハウス)を設計・構築します

 

データを定常的に収集・整形・蓄積するDWH(データウェアハウス)を設計・構築します

AI専業会社ならではのAIを熟知した開発体制
解析実務に連動したデータベースの開発ができる
開発後の保守・運用までワンストップで任せられる

お客様の課題

  • データを活用したいが、社内にデータが複数のデータベースにバラバラに保存されている
  • 基幹システムからデータを抽出するのに、専任の部署に相談しなくてならないため、 分析を行うのに毎回手間や時間がかかっている

サービス概要

DWH構築システム

データ活用を定常的に推進するためには必要なデータがすぐに使える状態になっていることが必要です。基幹系などの複数のシステムから必要なデータを収集し、データ活用の目的別に再構成した統合データベースはDWH(データウェアハウス)と呼ばれ、データ収集、データ整形、データ蓄積の機能を持ちます。
アイズファクトリーでは、アセスメントや、データ解析のフェーズと連動して、貴社のデータ活用の目的に応じて適切なDWHを設計・構築します。もちろん、DWHの保守や運用もお任せ下さい。

費用・期間

DWH構築プロジェクトでは、アセスメントやデータ解析プロジェクトと併走して、仕様決定やデータベースの構築、保守・運用をすすめていきます。
本サービスについては下記のお問い合わせのリンクからお気軽にご相談ください。

  • 期間: 3ヵ月~12ヵ月(個別見積いたします)
  • 費用:  500万円~3000万円程度(個別見積いたします)

事例

顧客マスタ、契約履歴、顧客とのコミュニケーション履歴、などのデータを定期的に収集・整形・蓄積するDWHを構築しました。これにより、オンライン、オフラインにおける顧客コミュニケーションに定常的にAIを活用することが可能になりました。

関連サービス



このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 
03-5259-9004