日本と友好的な関係にあるインドで、オフショア開発をしませんか

 

日本と友好的な関係にあるインドで、オフショア開発をしませんか

構築するものが変化しづらい案件では威力を発揮します
開発規模が大きくなれば、デメリットを凌駕するメリットでコストダウン出来ます
最近は専門的な技術をもった企業も増えてきたので、対応の幅が広がりました
 

特集概略の説明

 言語の関係もあり、日本よりもアメリカに近い国のように感じる。また、IT産業のイメージが強いが、その他の産業も多いようである。

 


1 主要産業
農業、工業、鉱業、IT産業


二国間関係

1 政治関係
 日インド両国は1952年に国交を樹立。インド国内の強い親日感情にも支えられながら、友好関係を維持してきた。2000年8月の森総理訪印の際に「日印グローバル・パートナーシップ」構築に合意。その後、2005年4月の小泉総理訪印以降、ほぼ毎年交互に首脳が相手国を訪問し、年次首脳会談を実施。2014年9月にはモディ首相が訪日し、両国関係は「特別」戦略的グローバル・パートナーシップへ格上げされた。  2017年9月の安倍総理訪印、2018年10月のモディ首相訪日など、安倍総理とモディ首相の間では計16回の首脳会談を開催。2020年9月、菅総理は、総理就任後早期にモディ首相と電話会談を実施。 」

出典: 外務省 インド  https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/index.html

特集の情報分類の説明

オフショア開発にはメリットとデメリットがあります。

参考: オフショア開発 (ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A2%E9%96%8B%E7%99%BA

 情報技術(IT)開発の一部業務を海外の子会社や他の関連海外サプライヤーなどを通じて行われる委託開発の一種である。例えば、ソフトウェア開発、ウェブシステム開発やスマートフォンのアプリケーション開発など。

1.メリット
(1)開発に必要な費用を削減できる
(2)IT人材を多数、効率的に確保できる
(3)自社専用の開発チームを作りやすい

2.デメリット
(1)現地にいるので、コミュニケーションが取りづらい
(2)進捗や品質の管理がしにくい
(3)小規模の開発だとコスト削減できず採算が合わない

 うまく進めるためには、デメリットを知り、メリットを活かせるシステム開発で活用すべきです。

 ここでは、4つに分けて掲載します。


法人・サービスのご紹介 (コミュニケーション重視 × 一般的な開発)

後ご紹介していきます

法人・サービスのご紹介 (コミュニケーション重視 × 専門性が高い)

後ご紹介していきます

法人・サービスのご紹介 (スピード・効率重視 × 一般的な開発)

後ご紹介していきます

法人・サービスのご紹介 (スピード・効率重視 × 専門性が高い)

後ご紹介していきます



類似商品をお持ちの会社の皆様へ

貴社の商品も、特集に加えませんか?
下記の問い合わせから、ご連絡下さい。


本HPに関する使い方の動画です。是非こちらもご覧下さい。