コロナ時代を経験して、地方と大都市の2拠点での活動が増えるようです

 

コロナ時代を経験して、地方と大都市の2拠点での活動が増えるようです

職場は大都市が良い時代は終わりました、地方でも仕事は出来ます
様々な自治体が、多くの補助金・助成金を用意しています、活用したいです
住む場所は自然の多い、地方を選ぶ人も増えました
 

特集概略の説明

 

コロナ時代を経験し、ステレオタイプの働き方だけではない、選択肢が見えてきました。2拠点以上を行き来し、ビジネスと生活を両立させる体験も積まれました。

多くの企業も働き方の多様性に寛容になっただけではなく、きちんと調べれば、多くの自治体が多くの助成金で、拠点を確保してもらうことに前向きです。 ロナ時代を経験し、ステレオタイプの働き方だけではない、選択肢が見えてきました。2拠点以上を行き来し、ビジネスと生活を両立させる体験も積まれました。

そんな法人にとって活用のできる、補助金・助成金をまとめた特集です。法人が活用すれば、そこで働くスタッフにもメリットが伝わるはずです。

特集の背景

補助金や助成金の定義は難しいようです。ウィキペディアによれば


 政府が私企業や個人などの民間部門に対して行う一方的な貨幣の給付。
 なお、経済学上はより広義に補助政策全体(特別減税や公共事業・公共サービスなどを含む)を指すこともあるが、一般には一方的な貨幣の給付のみを補助金という。
」「
 法令上の補助金の定義は必ずしも明確でなく、補助金適正化法(後述)も明確な定義を与えていない。民間が政府に、もしくは下位の政府が上位または等格の政府に対して、両者の同意を経て移譲する金銭は負担金と称されることが多いが、以下ではこれについてもまとめて取り扱う。補助金、負担金に類するものとして、給付金、助成金などがあるが、中には実質的に補助金同様の性格を持つものも少なくなく、それらについては政令指定により補助金適正化法の対象とされている。

と記載されています。

出典: 補助金 (ウィキペディア)  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91

結果的には、自らに合った補助金や助成金を見つけられるかが重要なようです。ここでは、分類を図のように、4つに分けてみました。

補助金・助成金のご紹介 (域外企業へ × 新規事業)

今後ご紹介していきます

補助金・助成金のご紹介 (域外企業へ × 既存事業)

今後ご紹介していきます

補助金・助成金のご紹介 (自治体内企業へ × 新規事業)

今後ご紹介していきます

補助金・助成金のご紹介 (自治体内企業へ × 既存事業)

今後ご紹介していきます



類似商品をお持ちの会社の皆様へ

貴社の商品も、特集に加えませんか?
下記の問い合わせから、ご連絡下さい。


本HPに関する使い方の動画です。是非こちらもご覧下さい。