用語集 英数記号


A

AARRR(アー)

グロースハックにおける顧客行動の分解モデルのこと。顧客行動の状態を5つのステップに分け、その頭文字を組み合わせたフレームワーク。顧客の各段階は、Acquisition(誘導:ユーザー獲得)、Activation(活性化:顧客情報の提供)、Retention(継続:リピーター化)、Referral(紹介:シェア)、Revenue(収益:優良顧客化)。ユーザー獲得(Acquisition)や優良顧客化(Revenue)だけに注目しがちなマーケティングから脱し、さまざまなフェーズを認識、そこにあった施策を展開し、サービスや商品を成長させることを目的とする。各フェーズは、例えば初回訪問⇒初回利用や会員登録⇒継続利用⇒サービスの共有や紹介⇒優良顧客化、という一連のフローで表現することができる。

A/Bテスト

主にインターネットマーケティングで行われる、施策判断のための試験の総称である。インターネットマーケティングにおける施策の良否を判断するために、2つの施策同士を比較検討する行為全般を指す。

Adobe Creative Cloud

グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアをサブスクリプション方式で利用できるサービス。

Adobe Stock

あらゆるクリエイティブプロジェクトに利用できる高品質なロイヤリティフリーの写真、ビデオ、イラスト、テンプレート数千万点を厳選して、デザイナーや企業向けに提供するストックフォトサービス。複数の素材をサブスクリプションとして購入できる。

AI(Artificial Intelligence)

人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステムで、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータープログラムなどとして存在しています。市場の期待値が高く柔軟性もあり、人間では追いつかない量の情報から考え抜かれた具体的な行動をリコメンドできますが、高い能力がゆえそのリコメンドが導き出された背景や理由が分かりにくいという弱点があります。

AIエンジニア

企業のニーズに特化したAIシスエムの「実装」を担当するAI人材です。

AI活用による最適な意思決定

分析の自動化で業務のPDCAを高速化

AI人材支援サービス

オンサイトでの解析支援を行っています。 アイズファクトリーがご提供するAI人材は次の3つのスキルセットをもったAI人材です。
・データサイエンティスト
・AIエンジニア
・データアナリストす

API(Application Programming Interface)

ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様またはインターフェースの総称で、アプリケーションの開発を容易にするためのソフトウェア資源のことをいう。「API」の重要な役割は、サービス提供者が公式に仕様を定義・管理している操作方法(インターフェース)を提供することである。

AR(Augmented Reality、拡張現実)

人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

ASP(Application Service Provider)

アプリケーションソフト等のサービスをネットワーク経由で提供するプロバイダ。またその仕組みのソフトウェア提供形態やビジネスモデルも指す。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon.comの子会社であるAmazon Web Servicesによって提供されているクラウドコンピューティングサービス(ウェブサービス)。AWSは、ストレージ、ネットワーク、データベースだけではなく、データ分析(アナリティクス)、アプリケーション、セキュリティ、モバイル、IoT、人工知能(AI)など多岐にわたる。複数のサービスを組み合わせることもでき、Web業界だけではなく、基幹系システムや業務システムなどでも利用されている。

B

BA(ビジネスアナリティクス)

BIでの分析結果をもとに、さらに分析を加えて将来を予測し、次のアクションを決めることを目指す仕組みのことを指す。ポイントは、BIの目的が意思決定を迅速化するための支援であるのに対し、BAでは将来予測による意思決定そのものに重点が置かれていること。つまり、BAの理想形はデータから将来を予測して結果を最適化し、意思決定に至るまでのプロセスを自動化することにある。

BIツール

大量に存在する数値データを分析するために使用するツール。ERPやDWHなどに保管されている膨大なデータの中から必要なデータを検索したり、特定の形式でレポートにまとめたり、多次元分析を行なうことにより、事業部門長や経営層の意思決定を支援したり、一般社員が資料を作成したり事業の進捗を把握するのを支援する。

BOT(ボット)

Bot(ボット)は、robot(ロボット)の短縮形・略称。転じて、コンピュータやインターネットの分野においては、作業を自動化するプログラムの総称。

C

CPA

顧客獲得単価。新しい顧客1人を獲得するために使われた広告費。広告費÷新規顧客数で計算される。または、成約1件に料金いくらという契約形態のWeb広告の、成約1件あたりの料金のこと。

CPC

クリック単価。Web上の広告で、広告のリンクが1回クリックされるために費やされた広告費。広告費÷クリック回数で計算される。

CRM(Customer Relationship Management)

顧客管理、顧客の氏名や年齢、属性といった基本的な情報をはじめ、購買履歴や志向など、顧客に関する情報を一元管理し、その蓄積した情報をもとにマーケティングやレポート、マネジメントを行う。

CSV(Comma Separated Value)

カンマ区切った値。それが入っているのがCSVファイルでカンマ区切りファイルとも言う

CTR(Click Through Rate)

ページ、電子メール、または広告を表示したユーザーの総数に対する特定のリンクをクリックしたユーザーの比率です。これは通常、特定のWebサイトのオンライン広告キャンペーンの成功と、電子メールキャンペーンの効果を測定するために使用されます。

D

DM配信最適化分析

DM送付対象者の属性情報、コンタクト履歴などに基づいて予測購入率や入会率を算出し、可能性の高い対象者から優先的にダイレクトメールを送ることで、DMの費用対効果を高める。

DMP(Data Management Platform)

データを管理するプラットフォーム。広告主が持つデータや、第三者のデータなどを一元管理・分析し、加工した解析データ等をEmail、広告・サイトコンテンツ配信などデータ活用を必要としているチャネルに繋げる為のハブの役割。オープンDMPは、Webサイト訪問ユーザーのデモグラ情報や、興味関心・嗜好性等などの外部のオーディエンスデータとデータエクスチェンジさせることができるクラウド型のデータプラットフォーム。プライベートDMPは、オープンDMPの領域に加え、企業独自ののマーケティングデータを集約し、それを外部のオーディエンス情報とシンクさせ構築するプラットフォーム。CRMデータに、外部データを組み合わせたもの。データ格納先が企業側にあるというところがポイント。

DSP(Demand Side Platform)

広告主が広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

デジタルが社会を「変革(Transform)するという意味で使われ、デジタル技術をベースに社会構造やビジネスモデルなどを抜本的に変える行為を指します。

E

ERP(Enterprise Resources Planning/企業資源計画)

企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと。企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用する計画=考え方を意味する。現在では、基幹系情報システムを指すことが多く、情報の一元管理ができ企業の情報戦略に欠かせない重要な位置を占めている。

ETL

ETLとはExtract(抽出)、Transform(変換)、Load(ロード)の略称で、複数のシステムに含まれているデータを抽出し、変換と加工を行ったうえでデータの集積を行うデータウェアハウスへ渡す処理、またはソフトのことを表す言葉。

F

FAQマネジメント

既存のFAQコンテンツと対応履歴をテキストマイニングで解析し、問い合わせ頻度などからキーワードを見つける事で、お客様が答えを見つけやすい検索語句を発見します。

G

GIS(GeographicInformationSystems/地理情報システム)

コンピュータ上に地図情報や様々な付加情報を持たせ作成・保存・利用・管理し、地理情報を参照できるように表示検索機能を持ったシステム。

Googleアナリティクス

アクセス解析ツール。登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかる。サイトの訪問者数はどれくらいか、訪問者はどこから来たのか、使われたデバイスはスマホかパソコンかなどのデータを計測することができる。チェック必須の4機能は、「ユーザー」、「集客」、「行動」、「コンバージョン」。

Google広告(旧称Google Adwords)

Googleが提供する広告出稿サービス。出稿された広告は、Google AdSense(Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス)などを用いて様々なWebサイトに表示される。予めその広告に関連するワードを設定しておくことで、Google検索の検索結果表示画面などにおいて、ユーザーの検索ワードに適した広告が表示される。広告費用はオークション等によって決定されたクリック単価と利用者のクリック回数に応じて金額が決定する。

GRC

検索順位チェックツールのスタンダード。ボタン一発ですべての検索キーワードの順位を調査する。

GRP

広告への接触量を表す指標で、リーチ×フリークエンシーで計算される。延べ視聴率ともいう。視聴率20%の番組にCM広告を10本流したとき、そのCMの延べ視聴率は200GRPとなる。

H

HTML(Hyper Text Markup Language)

ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語(コンピュータによって処理される人工言語の種類の一つで、データ中に特定の記法を用いて何らかの情報を埋め込むためのもの)の一つ。

I

ISMS(Information Sequrity Management System)

組織における情報セキュリティを管理するための仕組み。

K

KGI(Key Goal Indicator、重要目標達成指標)

ビジネスの最終目標を定量的に評価できる指標です。売上高や成約数、利益率などがそれに当てはまります。

KPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指標)

KGIを達成するための各プロセスが適切に実施されているかどうか定量的に評価するための指標です。セッション数やクリック数など指標は無数にありますが、その中で適切な指標を設定することが重要です。

L

LP(Landing Page)

検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページ。

LPO(Landing Page Optimize)

ランディングページ最適化。コンバージョン最適化、もしくはコンバージョン率最適化と呼ばれるより広範なインターネットマーケティング手法の一つであり、セールスリードや顧客となりうるウェブサイト訪問者の比率を向上させることを目的としている。LPをユーザーのニーズに合わせて最適化し、ページのCVR(コンバージョンレート=成約率)を上げるマーケティング手法。

LTV(Life Time Value/顧客生涯価値)

顧客が特定の企業やブランドと取引を始めてから終わりまでの期間内(顧客ライフサイクル)にどれだけの利益をもたらすのかを算出したもの。プロダクト中心のマーケーティングから顧客重視のマーケティングにシフトしていく中で注目されてきた概念のひとつ。激しい市場競争の中において、自社の顧客との良好な関係を構築し企業利益を向上させようとするCRMにおける重要な指標。

M

MECE(ミーシー、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)

ロジカルシンキングの基本概念の一つ。抜け漏れをなくし全体像を把握する。Mutually(お互いに)、Exclusive(重複せず)、Collectively(全体に)、Exhaustive(漏れがない)。フレームワークは、3C分析、マーケティング4P、SWOT分析、バリューチェーン等。

MMM(Marketing Mix Modeling)

各種広告活動や店頭販促活動、あるいは季節性などのビジネス環境変動が、ブランドの販売に対してどの程度のインパクトを及ぼしていたのかを包括的に数値化、可視化する分析。

MOU(Memorandum of Understanding)

了解覚書。組織間の合意事項を記した文書であり、通常、法的拘束力を有さない。

m-Quad(エム・クアッド)

マーケティング・ミックス・モデル分析のことで、アイズファクトリーと株式会社博報堂DYホールディングス/ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズが共同開発したソリューションです。どの広告、どのマーケティング施策が、どれだけ効果があるのかを明らかにします。

MROC(Market Research Online Community)

特定の商品ユーザーや同じ生活背景の人など共通の要素を持った人たちをメンバー限定のコミュニテイに招待し、特定のテーマについて自由にディスカッションしてもらい、これらを傾聴することで消費者インサイトを探る調査手法。

M2M(Machine to Machine)

機械間の通信。人間の介在無しに機器同士がコミュニケーションをして動作するシステム。

N

NDA(Non-Disclosure Agreement/機密保持契約)

一般に公開されていない情報を入手する場合に、その情報を外部に漏らさせないために交わす契約のこと。

N-gram

任意の文字列や文書を連続したn個の文字で分割するテキスト分割方法。

O

One2Oneマーケティング

一人ひとりの消費者のニーズや購買履歴に合わせて、個別に展開されるマーケティング。

P

PLSA(確率的潜在意味解析法)

これまでは行または列のどちらかの要素でしか出来なかったクラスタリングを、同時にクラスタリングする知識発見手法の1つ。メリット:①高次元データに対応(次元圧縮により解釈しやすい)、②行と列を同時にクラスタリング、③ソフトクラスタリングできる(単語、文章が所属クラスターを1つに絞ることがなく解析の幅がひろがる)。クラスターを1つに絞る手法をハードクラスタリングという。

PoC(ピー・オー・シー、Proof of Concept)

概念実証の意味で、新しい概念や理論、原理、アイデアの実証を目的とした検証やデモンストレーションを指します。概念実証は、新たな概念やアイデアの実現可能性を示すために、簡単かつ不完全な実現化を行うこと。あるいは原理のデモンストレーションによって、ある概念や理論の実用化が可能であることを示すこと。 概念実証は一般に完全に機能するプロトタイプへと至る前段階と見なされる。

POS(ポス/point of sale)

販売時点情報管理、物品販売の売上実績を単品単位で集計すること。

PPDM(プライバシー保護データマイニング)

プライバシーを保護しつつ、データから有用な情報の抽出を試みるための技術の総称。

PV(ページビュー)

ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標の一つ。

R

RFM

顧客価値の分析に使用される方法。Recency(最新購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(購買金額)、この3つの要素の組み合わせで顧客にランク付けし、セグメンテーションする際に使用される。

ROI

ROIとは、Return on investmentの略で、投資した費用から、どれくらいの利益・効果が得られたのかを表す指標です。 「投下資本利益率」「投資利益率」とも呼びます。

ROC

ROC は、スコア降順にサンプルを並べたとき、当該順位における FPF(偽陽性率)を横軸、TPF(真陽性率) を縦軸に取って描かれる曲線である。本手法は、ダイレクトメールの入会率予測モデル等の正解予測モデルの精度評価に利用できる。

S

SaaS(Software as a Service)

必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア。もしくは、その提供形態。

SEM(Search Engine Marketing)

検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法。もともと、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が高いため、優良な見込み客であることが経験的にわかっていた。この経験則を一歩進め、検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEM。

SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)

検索結果で自社サイトを多く露出するために行う対策。ほかにも検索結果に表示されるものとしてリスティング広告がある。リスティングはお金をかければ上位表示ができるものと比べ、SEO対策はお金をかけたからといって上記表示が約束されてはいない。また表示場所も違う。コンテンツSEOとは、継続してコンテンツを発信することで検索からの流入を増やし、Webサイトの露出を多くしていくSEO。

SFA(Sales Force Automation)

営業支援システム。SFAは営業を見える化、CRMは顧客を見える化。SFAは営業の生産性を向上・改善させるツール。情報及び業務プロセスを自動化することで、営業活動が管理する情報全般をデータ化して蓄積・分析することができる。

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)

システムインテグレーター。個別企業のために情報システムを構築することであり、戦略立案から企画・設計・開発・運用・保全までトータルに提供するSIerもある。

SPSS

IBMの統計解析ソフトウェアの製品群。統計パッケージソフト。

STP戦略

消費者志向のマーケティングを実現するためのフレームワーク。STP戦略は経営学者のフィリップ・コトラー氏によって提唱され、現在でも多くの企業が基本戦略としているマーケティング手法です。まず市場を年齢や性別や職業などで細分化(セグメンテーション/Segmentation)し、次にその中からフォーカスすべきターゲットセグメントを決定(ターゲティング/Targeting)し、最後にターゲットセグメントに対して、競争優位性を設定する(ポジショニング/Positioning)。

T

TF-IDF

文書内に出現する単語について、以下の2つの情報からその単語の重要度を算出する手法
・単語の出現頻度(TF値)
・単語の逆文書頻度(IDF値)
TF(Term Frequency)値は文書内でのある単語の出現頻度。すなわち、文書内のすべての単語の出現回数のうち、その単語の出現回数が占める割合を表す。出現回数が多いほどTF値は大きくなり、出現回数が低いほどTF値は小さくなる。
IDF(Inverse Document Frequency)値は、文書集合の中のある単語が含まれる文書の割合の逆数を表す。単語が他の文章にも多く出現しているほどIDF値は小さくなり、単語が他の文章にあまり出現していないほどIDF値は大きくなる。
TF-IDF値はTF値とIDF値をかけ合わせて計算する。

U

UU(ユニークユーザー)

決まった集計期間内にウェブサイトに訪問したユーザーの数を表す数値。集計期間内なら同じウェブサイトに同じユーザーが何度も訪問した場合でも1UUとしてカウントされる。

UX(User Experience)

ある製品やサービスを利用したり、消費した時に得られる体験の総体。個別の機能や使いやすさのみならず、ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうかを重視した概念。

V

VOC(顧客の声)の活用の課題

VOCを業務改善に活用するには、“お客様の声”が記録されたテキストデータを収集して、調査・分析する必要があります。
データ(お客様の声)は、カスタマーサポートで記録された各種ログや問い合わせメールにはじまり、SNSなどのCGM、アンケートアウトバウンドコール最適化々な手法を用いて収集します。そして、収集されたテキストデータを、テキストマイニングで解析することで、お客様の不満やニーズ、問い合わせ頻度が高い内容を可視化します。

Z

ZMOT/ジーモット(Zero Moment of Truth)

消費者の購買モデル。「ゼロ個めの真実の瞬間」という意味です。このZMOTの考え方によると、消費者の購買モデルは、刺激、情報収集(ゼロ個めの真実の瞬間)、棚(最初の真実の瞬間)、体験(第2の真実の瞬間)という4ステップの行動になります。この情報収集の段階で、買い手は非常に多くの情報を集め、自らの意思で、自分の集めた情報に基づき意思決定を行っていることが明らかになった。