bodais 自動進化型データ解析
クラウドプラットフォーム

03-5259-9004 受付:平日10:00~18:00 

bodais for kintone

Kintoneアプリの「名刺リスト」から受注可能な企業を予測します。

Kintone bodais“5つの価値”

1.データサイエンティスト不要

高度なデータ解析を行うには、統計学、コンピュータサイエンスの知識を持ったデータサイエンティストの存在が必要です。 しかし、bodaisを使えば、データサイエンティストは必要ありません。

2.営業活動のムダを削減

どの名刺(リード)に対して営業活動を優先的に行うべきかが明らかになり、営業経験やスキルに関係なく、営業担当者の活動を平準化でき、無駄な訪問活動を削減でき大幅な効率化が図れます。

3.名刺の“資産価値”が見えます

どの名刺(リード)が、自社の収益にとって潜在的な価値があるかが、可視化されます。 これによって、自社で保有するお客様の名刺の資産価値が明らかになります。

4.名刺獲得の施策が明確に

どのような企業から名刺を獲得することが自社にとって価値があるのかが推察でき、新規の名刺獲得施策が立てやすくなります。

5.誰が使っても同じ結果

解析専用のツールやサービスを使うには、高度な知識が必要で、知識の差で結果も異なります。bodaisを使えば、誰が使っても同じ結果が得られます。

bodais for kintone

“自動ターゲティング”

Kintone bodaisアウトプット例

ターゲティング・リスト(優先順位)

名刺(リード)ごとに成約確率が付きます。これにより、優先的に活動すべき名刺(リード)があきらかになり、営業担当者の経験やスキルに関係なく活動を平準化でき、無駄な営業活動を削減できます。

スコア分布(名刺の質の把握)

自社内に蓄積された名刺が、スコア(成約確率)上ではどの位置に分布しているかを可視化できます。 自社で保有するお客様の名刺の資産価値が明らかになります。

月別スコア推移

スコア(成約確率)の変化を、月ごとの推移で表します。
毎月の営業活動と名刺獲得施策が、成約確率の向上につながっているかを確認することができます。

効果指標(受注に強く影響する要因)

自社のビジネスにおいて、名刺にどのような特性のある企業が成約しやすいかを定量的に可視化できます。
全営業担当者間で共通の判断基準ができ、スキルの平準化が実現できます。

データ照合ヒストグラム

成約との関係が深い変数のデータ量を把握できます。
相手先との関係を深めるにあたって重視すべき指標として活用できます。

解析詳細情報と同一企業名刺比較

名刺ごとの詳細情報をわかりやすく表示します。同時に、同一企業で保有する他の名刺がスコア付きで一覧表示されます。どの名刺の受注確率が高いかがわかり、優先的に活動すべき相手がわかります。

自社内比較(会社数/名刺枚数、成約率)

自社内の名刺保有者ごとに、保有名刺枚数(または企業数)と成約率をグラフで比較できます。保有名刺の数と成約率の関係で誰が効率的に受注できているかが把握できます。

他社比較(会社数/名刺枚数、成約率)

本サービスをご利用中の他社の名刺保有枚数と成約率の状況を確認できます。
自社の状況を客観的に把握できるので、名刺獲得施策に関する正しい目標設定が可能になります。

資料請求・お問い合わせ