共有  

時系列データから異常値を検出したい場合、事前に教師となる正常データ等を準備できない時でも、時系列の変動傾向を考慮しながら、異常値を検知します。

 
事前に教師となる正常データ等を準備することが困難な場合でも、時系列データの異常値検知ができます
固定的な閾値による異常値検知ではできなかった、時系列のトレンドを踏まえた異常値検知ができます
途中で異なったを持つデータが混入する場合でもそれを検知して、トレンドの変化を考慮した異常値検知ができます

お客様の課題

  • 時系列データの異常値を発見したいが、事前に教師となる正常値や異常値のデータを準備することが困難
  • 時系列の傾向が一定でなく、固定的な閾値を用いて異常値を判定することは不適切

サービス概要

過去のデータ(製造業者様の検査データ、電気通信事業者・コンピュータネットワーク運用事業者様のトラヒックデータ等)をお預かりし、時系列異常値を判定するアルゴリズムを作成します。

費用・期間

データを頂戴してから、1ヵ月~、150万円~

ユーザー法人への特典

初めてのお取引に限り、20万円引き


このサービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら